​地域における公益的な取り組み

すべての社会福祉法人は、その高い公益性にかんがみ、「社会福祉事業及び第26条第1項に規定する公益事業を行うに当たっては、日常生活又は社会生活上の支援を必要とする者に対して、無料又は低額な料金で、福祉サービスを積極的に提供するよう努めなければならない」という責務が課されており、地域の福祉ニーズ等を踏まえつつ、法人の自主性、創意工夫による多様な地域貢献活動が行われています。(社会福祉法第24条第2項)

取組①:​福祉教育活動

CIMG6214.JPG

社会福祉士・精神保健福祉士援助実習生を受け入れ、相談援助に係る専門的知識と技術を、実践現場において具体的かつ実際的に理解し、体得していただく機会を提供しています。また、教員免許の取得を目指す大学生の介護等体験の受け入れも実施しています。

取組②:高校生インターンシップ受け入れ

インターンシップは、実際に仕事を体験する制度のことで、就業体験とも言われています。期間中は、就労継続支援B型事業所や自立訓練施設で、職業指導員や生活支援員の体験をしていただきます。福祉の勉強をしていなくても参加可能です。

IMG_1701.jpg

​取組③:住民ボランティアの活動支援

CIMG5902.JPG

近年、自身の技能や経験を活かし、ボランティア活動する方が増えてきています。地域共生社会の視点からも地域ボランティアの果たす役割は、ますます増大すると考えられます。住民ボランティアに関する理解と関心を深めるとともに、ボランティアの育成や活動の支援をもって、地域福祉の増進に資することを目的としています。

取組④:災害時に備えたコミュニティづくり

全国各地で自然災害が発生するなか、各地域や組織・団体で様々な取り組みが行われています。災害時に備えて地域での関係づくりや、支援体制づくりも重要な課題となっています。当法人では、地域の自主消防訓練への参加や東京災害ボランティアネットワークへの参画など、災害時対応を視野に入れた地域との連携を図っています。

IMG_1457.JPG

取組⑤:緑化推進活動

IMG_0913.JPG
IMG_0927.JPG

都市化の進展に伴って、緑地の減少が進んでいる一方で、緑や環境に対する意識や関心は高まっており、環境を改善する取り組みがいろいろなところで進められています。当法人では毎年、あらかわ福祉まつりの会場で苗木の無料配布をしています。緑の豊かなまちづくりを推進するとともに、地域のイベントへの参加を通して、地域住民や各種団体とのネットワークの構築に取り組んでいます。