​ワークハウス荒川

​就労継続支援B型

    ワークハウス荒川は平成23年2月1日、共同作業所から就労継続支援B型に移行しました。活動内容としては主に受注作業による作業プログラムを中心として、企業見学などの一般プログラムも併せて行っています。皆さんの利用目的は「健康の為規則正しい生活を送りたい方」「就労を目指される方」など将来の目標に向けてのびのびと活動されています。安定した生活を目指される方には関係機関と連絡を取り合いながら見守りを行い、就労希望の方には東京しごと財団の合同面接会への参加、就労移行事業所への見学同行等を行っています。これからさらに利用される方々の選択肢を増やし、それぞれのニーズに合った支援が行える施設を目指してまいります。

施設内設備

ワーク.png

定員:30名

敷地面積:145㎡

主な作業:小箱組み立て、袋詰めなど 

利用料金

​障害福祉サービス費:利用者様の状況とにより変わります。